贈りもの

雑誌、天然生活1月号の「心を込めて、贈りもの」という特集で、私も3つ紹介しました。

 

ツバメヤさんの「名古屋あんこサブレ」は、サブレにあんこを載せて食べるという、名古屋らしいもの。名古屋以外に住んでいる方にお贈りすることが多いです。

余ったあんこは、バターを塗ったトーストに載せて食べるのが最高です。

 

麻こころ茶屋のハーバルシロップは、熊本のものですが、私は名古屋本山にある、「oui」さんで知りました。

夏はこのシロップのお陰で、すっきりとした気分になり、身体も整う感じがしました。自分でも色々なハーブなど合わせて作ってみたい、とは思うのですが。。。

 

ねこねこ食パンは、まあそのかわいさに猫好きの人に是非とも贈りたい、と思ってしまう。最近店舗がどんどん増えてきているので、そのうち色々な場所で購入できるようになりそう、です。

ありがとうございました

10月20日に恵比寿で行われた「Mama’s Meeting Aichi」のいべんとが無事終了しました。

来て下さった親子連れのお客さま、本当にありがとうございました。

 

陶芸作家の柴田正明さんに作って頂いた、常滑焼の陶器に色付けをするワークショップの前に、愛知の魅力についてお話しする時間がありました。

うまく伝えられるだろうかと心配でしたが、zipFMなどで活躍されている川本えこさんが、とても素敵に司会をしてくださったので、和やかな雰囲気で進みました。

 

陶器のブローチとマグネット作りでは、さすがに子ども達は独創的な色遣いと模様で、とってもいい作品を作って皆嬉しそうにしていたのが印象的でした。

 

本当にありがとうございました!!

広くて開放的な気持ちのいい空間でした

ハロウィーン

ただいまsutudio CLIPさんとのコラボレーションで、白猫、黒猫のイラストを使ったハロウィーン限定グッズが発売中です。

エプロンやスリッパ、ポーチ、ブランケット、スマホケースなど色々に展開されています。

 

期間限定商品なので、是非お店で見てもらえると嬉しいです。

 

2020年カレンダー

2020年のカレンダーが発売されました。

もう、そんな頃なのですね。

 

この時期になると早々とカレンダーやスケジュール帳が発売されますが、この時期に買っている人は、なんて準備がいいのだろう、と感心してしまいます。

私の母も早々と用意する人でしたが、そういう人は時間に追われず自分のペースで生きているように思えます。

 

私はいつも年末ぎりぎりに慌てて購入するので、今年はせめて12月上旬には揃えたい。。。

 

卓上カレンダー 1〜12月まで生活のシーンや花、木の実、猫などのイラストで毎月変わります。

発売元 EL COMMUN

 

お知らせいろいろ

お知らせいろいろです。

 

◯愛知県に2店舗ある「ねこねこ食パン」

のHPに猫のイラストを描かせていただきました。

 

描いた猫の目やしっぽが動くのが新鮮で、初めて見たときは感動しました。

結構大きい猫のかお型食パンで、インパクトもあり、とってもかわいいです。

 

◯10月20日(日)に東京の恵比寿で、雑誌「TURNS」×「愛知県」の「Mama’s  Meeting Aichi」というイベントに出演&ワークショップをします。

 

このイベントでは愛知での子育てについてお話します。

ちょうどいい加減の愛知県の魅力を、お伝え出来たらと思っています。

ちなみに「ねこねこ食パン」が軽食でついているそうですよ。

 

◯ユニコンさんから新しくポーチが色々発売されました!

ポーチが好きなので、出来上がってとても嬉しいのです。

今のところリップなど入れたり、近所に買い物に行く時の小銭を入れたりして使っています。

 

 

 

展示会

私の商品をいろいろと作って下さっている「unicom」さんが7月に東京のビックサイトの展示会に出店しました。

私は行った事はないのですが、主にお店のバイヤーの方が来て、商品の発注等をするようです。

 

今回は、商品が増えた事から、私だけの雑貨のブースを作って下さいました。

その様子を写真に撮って送って下さいました。

これもunicomさんのデザイナーさんがこつこつと商品開発をしてくださっているお陰です。

ありがとうございます。。。!

 

 

心地よさのための習慣

雑誌「& Premium」6月号の特集「心地よく暮らす人が習慣にしていること。」に載せさせて頂きました。

 

私は朝の糸つむぎ、です。

これは習慣、というよりやらずにはいられない、という感じ。

私にとって糸を紡ぐのは頭と心をからっぽにする時間でもあって、紡いだ後はすっきりした状態になるのです。

やらなくてはいけない日々の家事や仕事から離れて、純粋に自分がやりたいことをする時間を少しでも持つ、ということが忙しいとき程必要な気がします。

 

これから夏になっていきますが、それでも糸を紡ぐのは続いていくでしょう。

 

 

アートを。

新しく出来た「奈良県総合医療センター」の婦人科病棟のアートワークをさせていただきました。

病院や施設などの環境空間アートを手がけているアートココさんからお話をいただきました。

 

今回は婦人科病棟ということで、ここに来られる方がほっとするような空間になれば、ということで、今回の為に陶芸家の方が焼いた白いお皿に、鳥や植物の絵がついたものを飾ることになりました。

 

他の病棟のアート作品や、壁紙の色も吟味して選ばれ、病院という空間を調和のとれた気持ちのいい場所に作り上げていくのだなあと感動しました。

 

上がお皿シリーズ

下は額に入ったイラストです。

写真ⓒKEN KATO

お仕事

天然生活9月号で特集トビラのイラストを描かせていただきました。

トビラは、特集のタイトルを教えて頂いて、あとはほとんど自由に描かせて頂けるので楽しいのです。特集内容はこんなのかな〜と想像しながら。

 

原画と雑誌になったもの、それぞれ。

季節の花

「Hanako」の6月28日号の鎌倉特集で、あじさい名所マップのイラストを描きました。

明月院、妙本寺、東慶寺、長谷寺、鎌倉宮。。。

 

鎌倉といえばあじさい、と思うほどいたる所に咲いていますが、この梅雨の曇り空の下、落ち着いたお寺の境内で青や紫、白などのあじさいがしっとりと咲いているのは、とても情緒があります。

 

近所にあじさいを大きな鉢で咲かせているお宅があるのですが、冬だと枯れているのかな、と思う程の茶色の茎だけになったあじさいが、毎年この時期になると、大きくてきれいな花を咲かせているのを見ると、本当に魔法のよう。。。と思ってしまいます。